山口県民大集会2017に集まろう

 

上関原発が建てられようとしている 民意に背を向けて

山口県知事は8月3日 中国電力に対し公有水面埋立免許延長の許可を出した

自民党県議はそれを後押しするように 「原子力政策に関する意見書」を出し

自民・公明両党議員の賛成で可決された 

福祉・いのちの公明党が 福祉・いのちに背を向けた瞬間だった

 

福島で原発事故が起こり 多くの障がい者は自ら逃げることができず

支援者たちも自分のことが精一杯で

連れて逃げてあげることができず 自らを責めた

逃げられる人でさえ 避難所へ行けば 「障がい者は家に帰れ」と言われ

泣く泣く家に帰った そんな悲劇は今もなお続いている

重度障がい者として私は思う 上関に原発が建てられようとしている今

福島の障がい者の悲劇は 対岸の火事ではない

地震はもはやどこでも起こりうる 上関原発が建てられ事故が起これば

逃げることはできない私は 屋内退避するしかない

屋内退避とは逃げることをあきらめること

命のためには逃げなくてはいけないが

自力では逃げることが難しくて やむなくあきらめる

置いてけぼりにされ 今まで感じなくて済んだ

無力さ悲しさを感じるようになる

上関に原発が建てば 事故の危険性は高まるから そうなることが目に浮かぶ

 

福島では自ら重度障がい者で 障がい者支援施設の施設長が

原発事故が起こり 身重の職員を案じて避難させた

障がい者仲間で利用者の支援・避難が大切なのに後回しにせざるを得なかった

自らも障がい者なのに

そういう選択をせざるを得なかった自らを責めた

事故を起こした原発を認めてきた自らを責めた

 

原発事故が起こった時のため 障がい者のための避難計画を

国は一応考えようとしているが 障がい者に意見を聞いたわけではないから

絵に描いた餅の避難計画になる

避難計画を考える上で 避難訓練は大事になるが

雨が降るから明日にしよう 風が吹くから明後日にしようの 避難訓練では

何のための避難訓練かわからなくなる 事故は突然想定外で起こるから

だから障がい者にとって最良の避難計画は 原発がないこと

障がい者にとって好ましい避難計画は 上関原発が建てられないこと

高齢者も避難が困難な点では 障がい者と同じ

上関原発を建てさせないと 一緒に声を上げよう 当事者として

 

3月25日上関原発を建てさせない山口県民大集会2017に集まり

「上関原発はいらない」の声をみんなで強く上げよう 

3月25日山口維新公園に集まり 「上関原発はいらない」の声を上げよう

障がい者高齢者にとって最良の避難計画は原発がないこと

上関原発がないこと 上関原発が建てられないこと

3月25日山口維新公園に集まり

上関原発を建てさせない山口県民大集会2017に参加し

「上関原発はいらない」の声を上げよう 「上関原発はいらない」の声を上げよう

 

 

岡本正彰(おかまさ)

〒755-0037 宇部市西梶返2丁目19-28-1

E-mail:mottomottookamotto@themis.ocn.ne.jp